呼吸器内科

こんなお悩みありませんか?

  • 咳や痰が長引く
  • 急に熱がでた
  • 息切れがする
  • 息苦しさがある
  • 胸が痛い
  • 血痰がでる
  • いびきがひどい

呼吸器内科とは

呼吸器内科とは

呼吸器内科とは、呼吸に関係する病気を専門的・内科的に診る科です。
最も身近な病気としては、風邪・上気道炎・気管支炎・肺炎などの感染症、気管支喘息などがあります。そのほか、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんなどさまざまな病気を扱っています。

こんな病気の可能性があります

長引く咳や高熱の後、咳が止まらない

EBウイルス感染症・マイコプラズマ・百日咳・クラミドフィラ肺炎など

咳・痰がでる

気管支炎・肺炎・咳喘息・肺がん・肺気腫・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など

血痰がでる

肺炎・気管支拡張症・肺がん・肺分画症など

呼吸が苦しい、呼吸困難

肺炎、肺塞栓症など

坂道や階段での息切れ

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、肺気腫、肺炎など

検査方法

検査方法

レントゲンや呼吸機能検査で肺炎かどうかを調べることができます。
また、レントゲンだけで判断できない場合には、CTで確認しています。

治療方法

気管支拡張薬(吸入、テープ剤、内服)などで治療を行っています。

気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息治療としては、気管支拡張薬を使用して狭くなった気管支を拡げるだけでは改善に繋がらない場合もあるため、原因である炎症を抑えるための抗炎症療法が大切になります。

吸入ステロイド薬を使用し、吸入方法を正しく理解することで、安全かつ効果的に治療を進めることができます。

急性気管支炎

急性気管支炎の多くは、ウイルスによる感染が原因ですが、マイコプラズマ、肺炎クラミジア、百日咳菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは違った菌です)などの気道を強く傷害する病原菌によって起こされることもあります。

また、炎症が気管支にまでおよび、咳や痰などの症状のほか、高熱が長く続くこともあります。

風邪と思っていても、細菌感染による気管支炎、肺炎を起こしていることもあり、抗生物質による治療が必要になることもあるため注意が必要です。

院長から皆さんへ

呼吸器疾患は、早急に治療を行い安静にしていただく必要があります。無理をすると肺炎など重篤な状態になる場合もありますので、とにかく無理をせず、ゆっくりと休養をしていただきたいと思います。

pageTop